マカオへの行き方

日本からマカオへ行く方法は、主に(1)マカオ国際空港へ直行便で行く、(2)香港へ行きフェリーで渡るの二つの方法があります。

1.マカオ国際空港へ直行便で行く


air
・2013年11月現在、日本からマカオへの直行便はエアマカオの一社のみ就航しています。
・マカオ国際空港からホテルまでは、タイパ側で5分程度、マカオ半島側でも15分程度で到着します。
・リスボアやベネチアンをはじめとする大型ホテルは、無料の送迎シャトルバスが出ています。
・ロビーに旅行代理店が並んでおり、当日のホテルを予約することができます。

エアマカオのメリット
到着までの時間が短い
体の負担が楽
時期にもよるがそれほど高くはない(エコノミー26400円から(税・燃油除く))

エアマカオのデメリット
関空と成田発着しかない。
毎日は飛んでいないので旅程に制限ができる
夜にマカオ着、朝にマカオ発なので滞在時間が短い

予約・詳細はエアマカオHPを参照
http://www.airmacau.jp/flight.html

2.日本から香港へ行きフェリーでマカオに渡る



・日本から香港まで行き、香港からマカオまではフェリー約50分で渡ることができます。
・急ぐ場合は、香港国際空港からマカオフェリーターミナルまでヘリコプターが飛んでいます。
・フェリーは通常15分間隔、深夜早朝は約1時間間隔で運行しています
・香港-マカオ間のフェリーは、「香港国際空港」「九龍」「中環」の三か所から発着しています。
・香港国際空港から九龍、中環までの交通手段は、バス、タクシー、電車(エアポートエクスプレス)の3つがあります。


メリット
・香港まではLCCだけでなく、レガシーキャリアの格安航空券も多い
・日本-香港路線は全国各地から多くの便が飛んでいるので、スケジュール調整が容易
・スケジュールに香港観光を組み込める

デメリット
・長時間の移動を強いられるため、体力面での負担が大きい
・香港行き航空券は夜到着、早朝出発が多い
・香港のホテルは狭くて高額


3.その他の方法

上記の直行便と香港経由が一般的ですが、他の地域を経由してマカオ国際空港へ行くこともできます。
旅慣れている方や予算に余裕がある方は、台湾、韓国、タイなどでストップオーバーして、アジア圏を周遊しながらマカオに入るのも面白いかもしれません。
特に、台湾はエバー航空、エアマカオが就航しており、飛行時間も1時間程度と手軽です。
[table id=1 /]







サブコンテンツ